image
 
村井 正誠
 物故作家で、モダンアートの創立会員で新宮市の名誉市民
 でもあります。  主に人物をテーマにデフォルメし限りなく
 単純に少ない色彩でいかに  表現するか・・・シンプルで
 骨太な力強い構成の作品です。



■題名 人・1970年

■サイズ 27×22cm(3号F)・キャンバスに油彩

■額外寸 43×38cm


略歴 村井正誠(むらい まさなり)

MASANARI MURAI


 1905年 岐阜県大垣市に生まれる

 1925年 文化学院創設され第1回生として大学美術部に入学

 1927年 第14回「二科会」に「新宮風景」を出品して初入選

 1934年 長谷川三郎・山口薫・矢橋六郎らと「新時代」を結成

 1939年 文化学院美術科講師になる

 1940年 〜44年「自由美術」「美術家創作家協会」に毎年出品
 
 1948年 日動画廊で「村井正誠・山口薫・矢橋六郎三人展」を開催

 1949年 武蔵野美術大学油絵科講師になる

 1950年 「モダンアート協会」を結成

 1952年 東京国立近代美術館、開館記念「近代日本美術展」に出品

 1959年 神奈川県立近代美術館で「村井正誠・山口薫展」を開催

 1961年 第10回「モダンアート協会展」に出品した「顔」が文部省買上

 1962年 第5回「現代日本美術展」に出品  最優秀賞を受賞
       第3回「東京国際版画ビエンナーレ展」で文部大臣賞を受賞

 1970年 和歌山県新宮市名誉市民になる

 1971年 和歌山県文化賞を受賞

 1972年 東京国立近代美術館で開館二十周年記念展に出品

 1973年 神奈川県立近代美術館で「村井正誠展」を開催

 1978年 県民文化祭十周年記念で和歌山県文化表彰される
       和歌山県立近代美術館で「名匠表彰受賞者展」に出品

 1993年 東京世田谷美術館で「村井正誠1965年以降」を開催

 1995年 和歌山県立近代美術館他で「村井正誠展」を開催

 1999年 2月5日 93歳にて逝去

 2002年 第14回 村井正誠展 (ギャラリー芦屋)

                 【コレクション】

    東京国立近代美術館/いわき市立美術館/宇都宮美術館
    埼玉県立近代美術館/千葉市美術館/東京都現代美術館
    世田谷美術館/目黒区美術館/町田市立国際版画美術館
    神奈川県立近代美術館/ 鎌倉近代美術館/三重県立美術館
    高松市美術館/米子市美術館/ル・ヴァン美術館/岐阜県美術館
    愛知県美術館/名古屋市美術館/大阪府立現代美術館
    和歌山県立美術館/ふくやま美術館/高松市美術館
    玉川近代美術館/北九州市立美術館/宮崎県美術館