image
 
須田 剋太
 物故作家で、司馬遼太郎の『街道をゆく』の挿絵作家として
 世間に知られて いますが、純真無垢な方で、まるで子供の
 ような気持ちを最後まで持ち続けた 作家でした。作品は、
 フォーブ系で特にマチエールにこだわった作家です。


■題名 作品 1961年 緑

■サイズ 65×53cm(15号F)・キャンバスに油彩

■額外寸 78×66cm


略歴 須田剋太(すだ こくた)

KOKUTA SUDA


 1906年 須田代五郎・ふくの三男として生まれる。

 1939年 日展「読書する男」特選となる

 1940年 光風会会員となる。

 1941年 日展「神将」特選となる。

 1946年 日展「ピンクのターバン」特選となる。

 1947年 三越本店にて個展開催 光風会より国画会会員となる。

 1948年 新樹会に出品する。

 1954年 〜66年 毎日新聞現代日本美術展に出品する。

 1955年 〜66年 毎日新聞東京ビエンナーレ国際美術展に出品する。
       (1963年を除く)

 1957年 ブラジル・サンパウロ・ビエンナーレ展に出品する。

 1959年 アメリカ・ヒューストン美術展に出品する。

 1960年 イタリア・プレミオ・リソーネ展に出品する。

 1961年 アメリカ・ピッツバーグ・ガーネギー展に出品する。
       ドイツ各地巡回展に出品する。 朝日新聞秀作展に出品する。

 1965年 西宮市民文化賞を受賞する。

 1967年 西宮市立市民会館緞帳を製作する。

 1971年 週刊朝日司馬遼太郎「街道をゆく」の挿絵を描き始める。

 1974年 兵庫県文化賞を受賞する。

 1977年 吹上町文化賞を受賞する。 大阪文化賞を受賞する。

 1981年 朝日新聞社より「原画集街道をゆく」を出版する。
       ギャラリー芦屋にて「須田剋太の世界」展をする。
       ジャパンエースより干支シリーズ「戌歳新春」
       セリグラフを出版する。
       以後毎年出版する。

 1982年 ギャラリー芦屋・芦屋店開廊記念 
       須田剋太新作展「人生芸術」に出品する。
       ジャパンエースより版画集「花と華」を出版する。

 1983年 第14回講談社出版する。 文化賞を受賞する。 
       ギャラリー芦屋にて「創る会展」に出品する。

 1984年 画集「私の曼蛇羅」を光琳社出版より出版

 1990年 7月14日 84歳で逝去 

 1992年 ギャラリー芦屋にて「須田剋太干支版画完結」展をする。

 2006年 生誕100年記念 須田剋太展(明石市立文化博物館)

                  【コレクション】

   国立国際美術館/埼玉県立近代美術館/神奈川県立近代美術館
        福井県立美術館/愛知県美術館/福井県立美術館
    静岡県立美術館/兵庫県立近代美術館/飯田市美術博物館
   大分県立芸術会館/奈良県立美術館/大阪府立現代美術センター
           メナード美術館/大阪府/その他